2010年度の文化審・著作権分科会が早くも始動

私的録音録画補償金について、たかだか30億円程度で大の大人が何年も議論していたが解決せず、あげく訴訟まで起きている。金額を1けた増やし、300 億円や1000億円は集めないと、各クリエイターに十分な還元ができない。

そもそも補償金で還元する必要ないんじゃないの? 利用実績の集計ができなかった前時代(アナログ時代)の産物だよね. 縮小すべきなんじゃないの?